2021年6月17日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2021年6月7日~2021年6月12日のメニュー

  • 2021年6月7日

2021年6月7日~2021年6月12日のアゼリア葛西のメニュー

「卵」という漢字が数字の「6」と「9」に似て見えることと、盛夏の前に卵を食べて健康増進を図ってもらいたいとの願いから、6月9日は「たまごの日」だそうです。

アゼリア葛西ではたまごの日、6月9日(水)夕食に、目玉焼き付ハンバーグ、ハッシュドポテト、コーンサラダ、ごはんと味噌汁をご用意いたします。

値段の変動があまりないといわれているにわとりの玉子ですが、今年は値上がりしています。
去年の冬に鳥インフルエンザが流行し、数が減ってしまったことが原因と言われています。
減ってしまったにわとりを増やす対策をしているそうですが、成長に約半年かかるそうそうです。しばらくはまだ高騰が続くと予想されています。

たまごを割ったときに白いひも状のものがありますが、これをカラザと言います。卵白の一種だそうです。卵黄を卵白の中心に固定させる働きがあり、外の衝撃から守ることができるそうです。さらに卵白には抗菌作用があるので卵白が周りにあることで微生物による汚染からも守ってくれているそうです。
見た目の問題で、捨ててしまう人が多いようですが、実はこのカラザ、「シアル酸」という成分があり、がん細胞の転移を防ぐなどの効果が期待されているそうです。捨てるよりも食べたほうが体に良いそうですよ。
また「カラザ」は漢字で「殻座」あるいは「殻鎖」と書くそうですが、ギリシャ語のアラレ、ヒョウを意味する[chalaza]から由来されているそうです。