2019年12月13日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2018年3月5日~3月10日のメニュー

  • 2018年3月2日

20180305_T1メニュー先月はピョンチャンオリンピックで盛り上がりましたが、今週末にはパラリンピックが開催されるそうです。また日本人選手の活躍が期待されますね!
さて、今週のトラスティ田無では、7日(水)に豚のすき煮、大豆煮、はんぺん揚げを提供いたします。豚肉は煮ても焼いてもおいしいですね。ごはんが進みます。箸休めに大豆煮をどうぞ。
大豆というと「畑のお肉」と昔から言われています。意外にも、日本ではなくドイツ発だそうです。1885年にウィーン万国博覧会に日本の農産物として大豆が出品されると、ヨーロッパでその栄養価の高さが注目されるようになったそうです。なかでもドイツはタンパク質が豊富なことを高く評価し「大豆は畑の肉」をキャッチフレーズに栽培に取り組みはじめたとか。残念ながらヨーロッパでは栽培に失敗したそうですが、キャッチフレーズが今も生きています。
ではどれだけ栄養があるかというと大豆には良質なタンパク質が多く含まれているそうです。タンパク質は人間の体を作り、生命維持に欠かせない栄養素です。体の組織は新陳代謝をするので、新しい体の構成成分となるタンパク質が必要不可欠となります。
味噌やしょうゆ、枝豆やもやし、豆腐なども大豆でできた食べ物ですね。トラスティ田無では味噌汁を毎日提供していますので、必然的に毎日大豆の栄養素を取り入れていることになります。