2019年11月22日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2018年7月30日~8月4日のメニュー

  • 2018年7月30日

2018年7月30日から8月4日のアゼリア葛西2のメニュー

アゼリア葛西-Ⅱでは、7月31日(火)夕食にカレーライス、春雨サラダ、コンソメスープ、デザートをお出しする予定です。
「カレー」といえば、インドが発祥だとほとんどの人が知っていると思いますが「カレー粉」や「レトルトカレー」はインドが発祥ではないそうですよ。
カレー粉の発祥はイギリスだそうです。18世紀頃、イギリス人がインドからスパイスを持ち帰り、簡単にカレーが作れるように「カレー粉」を作り、売り出したのが始まりだそうです。はじめて商品化したのは、イギリスのクロス・アンド・ブラックウェル社(略称:C&B)だそうです。この会社は、貴族のパーティーなどで料理を出していて、植民地インドの料理を作るとき、あらかじめ多種類のスパイスを調合して作業効率を上げていたそうです。この混合スパイスを「C&Bカレーパウダー」と名付けて一般向けに販売したところ大評判となったそうです。現在では、日本と同じようにイギリスの家庭料理の一つに「カレー」が挙げられるほど普及しているのだそうですよ。
また、「レトルトカレー」はなんと日本が発祥だそうです。1968年(昭和43年)2月、大塚食品が世界初の市販レトルト食品「ボンカレー」を阪神地区限定で発売したそうです。関連会社の大塚製薬が持っていた点滴液の加圧加熱の殺菌技術を応用したそうです。今やご当地レトルトカレーもありますし、1つが数千~数万円もするほど高級なレトルトカレーもあるそうですよ。