2020年2月22日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2019年1月7日~1月12日のメニュー

  • 2019年1月7日

2019年1月7日~12日のアゼリア葛西2のメニュー

2019年あけましておめでとうございます。
1月7日からアゼリア葛西-Ⅱの管理および食事営業を始めましたので本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アゼリア葛西-Ⅱでは鏡開きの1日前の1月10日(木)になりますが、夕食には鏡開きとしてのおもちとぜんざいをご用意する予定です。ぜんざいはデザートですので、メインはかつお皿盛りです。副菜は厚揚げの香味のせ、豆もやしの中華和えをご用意いたします。

なお鏡開きとは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる日とされています。
神仏に感謝し、また無病息災などを祈って、汁粉や雑煮などで食べるのが一般的のようです。昔、武家では鏡餅を刃物で切ることは切腹を連想させるため、手や木槌で割る風習があったようですね。また「切る」「割る」という言葉は避けて「開く」という言葉が使われていたことの名残で今も鏡開きというそうです。
また商家では新年の初めに蔵を開いて商売繁盛を祈る行事をこの日に行うとも言われています。「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味することからまさにおめでたいことを表しますね。なお鏡餅の割れ方で占いをする地域もあり、「鏡餅の割れが多ければ豊作」といわれているのだそうです。