2021年1月18日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2020年12月14日~12月19日のメニュー

  • 2020年12月14日

2020年12月14日~12月19日のトラスティ田無2のメニュー

三大流星群の一つ「ふたご座流星群」の2020年の見頃の時間は12月13日夜から14日の明け方までだったそうです。でも12月14日夜から15日の夜明け前にかけても観測のチャンスがありそうとネットニュースでは報道されています。今年は新月のため月明かりの影響が少なく観測条件は良好ともいわれているそうですよ。
流星(「流れ星」とも言います)とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、高温になってチリが気化する一方で、大気や気化したチリの成分が光を放つ現象だそうです。
すい星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、チリの粒の集団は、それを放出したすい星の軌道上に密集してるそうです。すい星の軌道と地球の軌道が交差している場合、地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込むそうです。地球がすい星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するといわれています。
さて今週のトラスティ田無-Ⅱでは、12月14日(月)夕食に、銀鮭塩焼き、うま煮、厚焼き玉子、ほうれん草お浸し、えびしんじょう、ごはんとカレーうどんの予定です。夕食後にたくさんの流れ星が見れるかもしれませんね。