2024年3月5日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2023年2月13日~2023年2月18日のメニュー

  • 2023年2月13日

2023年2月13日~2023年2月18日のトラスティ田無のメニュー

2月14日はバレンタインデーですね。
それにちなんで「チョコレートの日」という記念日にもなるそうです。

トラスティ田無の2月14日(火)の朝食は、魚のフライ、スパゲティサラダ、ごはん/パンと味噌汁の予定です。
夕食は、よだれ鶏、春巻き、ごはんと味噌汁、デザートの予定です。

チョコレートはカカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスという物質を使い、砂糖、ココアバター、乳などをまぜて固めたお菓子です。
イギリス人が固形のチョコレートを考案するまでは、飲み物だったそうです。

今では栄養面でも体に良い健康食品として位置づけられています。
疲労回復・エネルギーの源。またカカオに含まれる成分には抗酸化作用のあるポリフェノールが体に良いと言われています。

製菓会社のイベントで毎年この時期になるとチョコレートやお菓子の売上が倍増し、今では年間消費量の約1/4がこの日に消費されているそうです。

なお、「生チョコ」は日本生まれのスイーツだそうです。神奈川県茅ケ崎市のオーナーシェフが考案したとされ、今では定番になっています。
生チョコブームが広がる一方「やわらかいはずの生チョコが硬い」というクレームや粗悪品が激増してから、チョコレート業界は「生チョコの定義」を定めたそうです。
チョコレート生地が全体量の6割以上、クリームが全体量の1割以上、水分量が全体量の1割以上…等の定義以外は「生チョコ」と表示できないそうです。その基準があるので日本国内では高品質の美味しい生チョコが食べられるようになったそうですよ。