2019年12月13日
  • 家具付き、食事付き、管理人常駐の東京・千葉の学生寮・社員寮の管理、運営をしています。

2018年12月3日~12月8日のメニュー

  • 2018年12月3日

2018年12月3日から8日のトラスティ田無のメニュー

12月4日(火)夕食に、ミックスフライごぼうサラダ添え、ミニミートソーススパゲティ、ごはんと味噌汁、デザートをお出しいたします。
スパゲティ、ペンネ、ラザニアなどを総称してパスタと呼ぶそうです。なんと650以上の種類があるとか。なおパスタはイタリア語で「麺類」という意味だそうです。
パスタの起源は、古代ローマ時代に小麦などの穀物をおかゆのように煮込んだ「プルス」が起源だという説があるそうです。その後16世紀の大航海時代に新大陸から観賞用として入ったトマトが食用に改良され、17世紀ごろからパスタとトマトの組み合わせがイタリア国民に普及したそうです。
日本にパスタが持ち込まれたのは幕末の横浜だそうです。当時は「うどん」のようだと記した書物もあるそうです。
それから1883年ごろ、フランス人の宣教師が長崎でマカロニ工場を建設し、国産パスタが普及するのが大正時代だそうです。一般的になったのは1950年代以降だそうです。
やがて1986年以降からはさらに家庭でもパスタを食べるようになったとのことですよ。現代ではパスタのお店もたくさんあり、気軽に食べることができます。